宝石の価値

ジュエリー買取の価格傾向

女性の家には実にたくさんのジュエリーがあるものです。宝石をふんだんに使ったネックレス、リングのほか、イミテーションのジュエリーまで実に沢山存在するのです。そのうち使うものと言えばいつも一緒で、ごく一部に限られるのです。ほとんどが使われずにジュエリーボックスの肥やしになっているのは言うまでもありません。しかしこれほど勿体ない事実はなく、使わないものは買取業者に買取ってもらうと良いんです。近年はどの宝石に関しても採掘量が減少しており、希少価値が高まって買取相場は相対的に高くなっているのです。そのため不要な宝石を売るのであれば今がチャンスとも言えるのです。なかでもダイヤモンド、ゴールド、プラチナの価値が高騰しており、売却すれば想像以上のお金を手にすることができるのです。

買い取りの歴史や変遷

かつての日本ではジュエリーを売却すると言った価値観はありませんでした。中古のダイヤモンドなどに対しては特に偏見が強かったのです。ダイヤモンドは婚約の際に用いられることの多い宝石であり、それが質流れになるということは、離婚や不倫と言った悪いイメージを想起させ、それを身につけようとは誰も考えなかったのです。しかしこうした中古のダイヤモンドの市場は今や日本だけではなく、全世界に向けられているのです。日本で買取られたダイヤモンドも、多くはニーズの高い中国やインドに転売されていくのです。また多くの世界の資産家が資産保全のために世界にあるダイヤモンドを買いあさる傾向もあり、中古でも何ら抵抗なく高額で取引されるのです。

価格をあげる方法

ジュエリーなどの査定金額を上げるためには、ジュエリーが入っていた箱なども持参することが大切です。
箱や袋があるかないかで査定金額が大きくかわってきます。
鑑定証も金額がかわる基準になります。
ブランドのジュエリーも人気が高いので高価買取が期待されます。
しかし、いつ売りに行こうかと悩んでいる間に宝石に傷がついて査定金額がかわることになります。
早めに買取してもらうことで、自分の思っている以上の査定金額が期待されるでしょう。